模型その二

0
    またまた模型です。
    最近どんどん模型が増えています。
    ワクワクします。

    前にも書きましたが、立体的なファサードが、
    平面ではなかなか思いつかなくてイライラしてきたときは、
    「えぇ〜い。もういっちゃいますか〜!!!」
    と、おもむろに、模型材料を出してきます。
    まるで、
    「えぇ〜い。今日は仕事はこれくらいにして一杯行くかぁ〜。」
    というオヤジのようです。

    ああでもないこうでもないと、きったり貼ったりしていたら、
    あるとき突然に、
    「これだっ。」
    というものに出会います。
    そのとき、なにかが舞い降りた感じがします。
    そのとき誰かに
    「アナタハカミヲシンジマスカ?」
    と聞かれたら。思わず信じますと言いそうです。

    ise

    しび

    0
      昨日、届け物をしに行った方に、
      「しび」
      というお魚をいただきました。
      はじめて聞く名前です。

      ハジメ所員は何かのTVでみたことがあったらしく、
      「うわぁ〜幻の魚やぁ〜。なかなか手にはいらへんのやぁ〜。」
      と、ひつこく興奮しております。

      ・・・で、本日のメインメニューとさせていただきました。

      お味の方は・・・?

      おいしいぃ。
      マグロのようなのですが、身がみっしりとつまっていて、
      弾力のある、幻のおいしさでございました。

      shibi

      模型その一

      0
        ミサオケンチクラボでは、計画の早いうちから模型を作ります。
        というか、立面も何も漠然としているときに作ります。
        平面でもんもんと考えるより、この方が全体のイメージを早くつかめるので、
        とにかく、「えいやっ!」と作っていきます。
        なので、一度接着した壁も、どんどん作り変えます。
        あけてしまった窓もさっき切り取ったボードをまたまたはっつけます。
        なので、出来上がりはつぎはぎなので、あまりきれいじゃありません。

        いつも、「今回はラフにいこう!」
        が合言葉なのですが、ついついノリノリになってきて、
        家具まで作っちゃいます。
        気が付けば、外は白々としてきて、新聞配達のバイクの音が聞こえてきます。

        今日はお施主さんに模型を披露する日だったのですが、
        「おぉ〜」
        っと、手をたたいて下さいました。
        感激して、思わず自分達も手をたたいてしまいました。



        こんな気持ち、最高です。
        ヤメラレマセン・・・。

        kawanishi

        男の料理

        0
          何をかくそう只今、
          我が事務所はひじょうに忙しいのです。
          ありがたき幸せなのです。

          が、しかし・・・。

          従業員はキミとボクの若干2名ゆえにいささか厳しい。
          かといって、アルバイトなんて、お給料払えません。

          今日も、気が付けば夕方未明。
          そういえば、朝ごはんもお昼ご飯も食べてなかったっけ。
          で、おもむろにハジメ男子、厨房に入りました。
          メニューはトマトと豚肉の炒め物らしい。。。
          おっ。ジュージューといいにおいがしてきました。

          cook

          ぢどりはうまい

          0
            今日は、長期戦が予測されるため、
            夜ご飯は早めに(・・・といっても8時過ぎちゃったけど)。
            事務所近くの、前から気になっていた焼鳥屋さんに行ってきました。
            何が気になっていたかというと、
            今、設計を頼まれている焼鳥屋さんとおんなじ名前なのです。

            店構えはいたってふつう。
            まぁ、これも何かの縁と・・・、えいやっ!
            と、のれんをくぐると・・・・。

            ・・・これまた、ふっつう・・・。
            しまった!しくじったっ!

            が、それは最初の1分。
            2品くらいしか頼んでいないのに、
            出てくる出てくる大将の試食品の数々・・・。
            「ちょっと、これ食べてみぃ。」
            ってな具合で、全部で10品目。
            しかも・・・。うまいっ!
            なんだ!これはっ!!!
            とりにくってこんなに歯ごたえあったっけぇ。

            すっかり打ちのめされました。
            大将!今度は、ちゃんとオーダーさせてください。

            20060627yakitori

            地鳥のたたき 価格不明
            2人では食べきれず、
            半分お持ち帰りさせていただきました。

            yutaka saito

            0
              建物と建築との違い。
              空間という言葉は奥が深い。むやみに使うな。
              無理なことでもやりたいやりたいと1000回言ったら実現する。
              建築家の巨匠は皆、少年の心を持っていた。
              やりたいことは、つねに自分のポケットに詰め込む。

              敷地をみたら、10秒でアイディアが出ます。

              クライアントに
              「あなたは、住宅に革命がおこせますか?」
              といわれたら、おこせるっていわなきゃだめでしょ。

              設計に8年かかった。

              あさがおのような建築がしたい。
              そこから、バルーンで寝室が浮かんで、
              またもどってくる。・・・おもしろいでしょ。いいでしょ。



              以上。
              建築家 斉藤裕さんの講演会に出席して覚えていたことでした。

              saito_yutaka

              かつをぶし

              0
                午後から、新しい物件の敷地を見に、
                古都奈良へ・・・。

                その帰りに見つけました。
                かつをぶしやさん。

                「ひややっこにあうかつおぶしはどれですかぁ?」
                「そやねぇ。100グラム360円くらいのがいいのとちゃいますか?」
                「じゃあ、それを100グラムくださぁい。」

                そういえば、小学生のころ、夕食準備にけずってたなぁ。
                そこはゆっくりと時間が流れておりました。

                katuo

                宝石箱

                0
                  神戸の住吉にて・・・。

                  美容室の一角を
                  フェイシャルエステルームにリノベーション。
                  わずか3日間という最小工期。
                  工務店さんによる汗と涙の結晶で完成です!

                  1.5坪の小箱の中に、
                  ゆったりとした、居心地の良い上質空間が出来ました。

                  kt

                  オ・バ・カ・オ・ヤ

                  0
                    何を隠そう・・・。
                    我々、阪神ファンです。
                    で、我が両親も・・・。
                    で、行って来ました[スカイマークスタジアム]。

                    黄色いユニフォームとトラ耳つけたお気楽な母。
                    これでも難病で車椅子に酸素ボンベの生活を余儀なくされています。

                    いつも明るく楽しく日々を精力的に突っ走る、
                    愛すべき母なのです。

                    hannsinnsen

                    謎の白い花

                    0
                      何ていう名前の花なのでしょう・・・。

                      四季を通じて次々に咲いていく我が家の庭の草木たち。
                      全部前の入居されていた方に、名前を聞いてたのに・・・。

                      どなたか知ってらっしゃる方一報を。

                      20060615siroihana


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM