ガスビル

0
    大阪ガス主宰の
    建築プロフェッショナルセミナー
    手塚貴晴氏の講演会に行ってきた。

    テーマは
    「誰にでも解る建築」

    写真一枚でコンセプトが伝わる建築。
    力強い。

    少し早めに会場に到着したので、
    ガスビルを足早に探索。
    こちらもかなり力強い。

    良く見るとガスビルを模したステンドガラス。

    建築には、
    遊び心も大事ですね。
    (さ)

    神戸女学院

    0
      所要で神戸女学院を訪問した。



      ご存知の通り、
      William Merrell Vories
      ウイリアム・メレル・ヴォーリズ
      [ 1880〜1964 ]
      1933年竣工の作品である。

      一瞬、異国に来たかのような造形美。

      「人格形成はまず建物から」

      納得。

      (さ)


      0
        我がガレージにて



        シロ
        クロ
        ミケ

        人生の艱難辛苦から
        逃れる道は2つある
        音楽と猫だ。

        by
        Albert Schweitzer

        (さ)

        なんとかーーーby麺通団

        0
          旧友より、リフォーム設計の依頼。
          しかも月末引越しときたもんだ。
          っととと、姉さんそれはキツイです。

          なんて言いながら、
          頼んでいただける事が嬉しいのです。
          なんとかなるさ精神で頑張ります。
          (さ)

          0
            再びK邸にて

            外部は鋼板
            内部は左官

            ハードな素材
            ソフトな素材

            で、
            作る和の空間
            (さ)

            秋晴れにて

            0
              K邸
              足場ハズサレル



              道行クヒト
              立チ止マル
              シバシ
              ナガメル
              (さ)

              45度

              0
                現在工事中の梅ノ木の家。
                プランが45度にふっていることもあり、
                いたるところに,、この45度の難しさがふりかかってくる。
                が、反対に吉と出る箇所もある。



                「キッチン」

                45度に折れ曲がったっていることにより、
                I型、L型、コの字型にはない、
                緩やかな作業導線が期待できる。
                裏話としては、
                職人さん曰く、45度溶接がかなり難しかったようだが・・・。

                総長さ3メートルオーバーの迫力キッチン
                請うご期待!
                (さ)

                キーポイント

                0
                  K邸も終盤追い込みである。
                  毎週水曜日は定例打ち合せ。
                  現場へ行き、最初に目に飛び込んだのが、



                  「家具」「家具」「家具」

                  全てタモ柾目の突板での家具。
                  迫力である。
                  造作家具は住宅建築の中でも、
                  キーポイントのひとつである。
                  今回、随所でタモ材を使用している。

                  外壁のガルバリウム鋼板材、
                  吹抜に、一部施された格子手摺もそうだが、
                  縦ラインの強調が、
                  空間に、凛とした緊張感を与えてくれているようだ。

                  ここから
                  現場も一気に加速装置作動。
                  (さ)

                  配筋検査

                  0
                    [坊屋敷町の家]の現場にて

                    夕方4時に行くはずが、
                    事務所仕事をバタバタやっていたら、
                    30分の遅刻。
                    職人さんは帰り支度。
                    そりゃそうだ。

                    そしておもむろに始まる配筋検査。
                    「これをこうしてください。」
                    「あれをこうしてください。」
                    「それをこうしてください。」

                    で、空かさず監督さんの指示の元、
                    帰り支度の職人さんがテキパキっと直してくださった。



                    ほんとにテ・キ・パ・キ。
                    あまりの速さに脱帽。(さ)

                    同期の桜

                    0
                      (さ)の学生時代の同級生宅にて
                      午後の昼下がりに食べ物を持ち寄っての
                      ホームパーティである。



                      それぞれに、
                      ファッションデザイナー
                      家具デザイナー
                      インテリアデザイナー
                      建築家(建築デザイナーとは言わないなぁ。。。)
                      いわばクリエイター達である。

                      傍から見れば派手な業界。
                      ご承知の通り、
                      やっていることはいたって過酷。
                      ガテンな業界である。

                      みんなたくましい。(さ)


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM