安藤忠雄×渡辺豊和

0

    プログラム
    1.高口恭行長老による挨拶
    2.文象先生からモンちゃんへ 渡辺豊和
    3.70年代・大阪・建築設計から 安藤忠雄
    4.対談:世界のなかの国土像、設計像 安藤忠雄×渡辺豊和
    5.会場とのディスカッション

    16日の午後5時より上記の内容の講演会に滑り込みセーフで来場。
    場所は大阪市天王寺・一心寺・日想殿でした。
    立ち見も出ているほどでした。

    一心寺はおよそ10数年ぶりに訪れました。
    確か、隈研吾さんの講演会に行った以来。
    あのころは、今では想像出来ないようなポストモダンの申し子的作品を
    世に送り続けていた頃で、会場からは数々のブーイングとも言える質疑と、
    それに対するディスカッションが繰り広げられて、なかなか聞き応えのある内容だったことを記憶しています。

    今回の講演会は・・・。

    いくつになってもやんちゃなオヤジ(スミマセン失言デス)である
    安藤さんと渡辺さんの対談がおもしろかった。
    音響効果が悪いのか、半分聞き取れないところもありましたが。

    私が渡辺さんに習っていた頃は1990年。
    よく、講義中に安藤さんの話が出ていたように思います。
    自分が建築の世界に安藤さんを引っ張って来たと言ってらっしゃいました。
    そのころは、渡辺さんが有名な建築家だなんて全然知らなかった失礼極まりない私は、なんとなく半信半疑で講義を聴いていたような・・・。

    そんな師弟関係の二人の対談。

    研ぎ澄まされたプランとデザインと光と影とコンクリートの安藤さん。
    感覚の赴くまま流線的で造形的でいて少しのウィットが入る渡辺さん。

    70年代から90年代はとても建築がおもしろかったと二人はおっしゃっていました。近年、おそらく今後は非常に密接に経済と建築がからみあっていくだろうとも。すこしでも面白いものを作る建築家が出てくると、すぐにスポンサーがついてコマーシャル化してしまう。そしてうずもれてしまう。
    思想をもって建築を行うものが出てきにくいとも・・・。

    思想をもって建築する。

    日々、仕事に追われる毎日を送っている今日この頃。
    「建物」ではなく、「建築」を想う時間を過ごしました。(さ)

    コメントの仕方

    0
      ここんとこ、コメントをつけてくださるお方が増えてきてムフフ…なのですが、「コメントのつけ方がわから〜ん」というご意見もありましたので、いまさらながら、コメントのつけ方を書いておきます。

      ○記事の末尾の「comments(数)」をクリック
      ○「name:」は、ペンネームでもOK
      ○「email:」「url:」は、書かなくてもOK
      ○「comments:」にて、コメントを書く。
      ○「コメントを送信」ボタンをクリック。

      以上でコメント終了です。
      みなさま、ふるってコメントくださいませ〜。

      いくつになっても

      0
        なにやら大きな荷物が配達されて参りました。
        中身は・・・。
        コレ↓
        UFO
        UFOキャッチャーのミニチュア版。
        仕事の合間にやってます。
        キャッチ出来ると拍手音が流れます。
        ちょっと嬉しい。

        叔母からのお茶目なプレゼント♪

        ちなみに、
        「ボクのものっ!」
        って、寝そべっているのは我が愛犬。
        現代美術家の奈良美智さんの作品。(さ)


        歡迎光臨(いらっしゃいませ〜)

        0
          名刺いろいろ
          昨日今日となんだか来訪者多し。

          先週くらいから、
          今実施設計中の物件のために、
          いろんなサンプルや資料を鬼のように頼んでいるためか・・・。
          近くを回ってましたからと、
          各社の営業の方が目白押し(←ちょっと使い方違う?)

          シャター屋さん。
          ガス屋さん。
          フローリング屋さん。
          輸入建材屋さん。
          合間に友人。(←ケーキおいしかったぁ。thank you!)

          ここ数週間は、ほとんど事務所に缶詰なので、
          外の空気を運んで来て下さるようで良い気分転換になります。

          お仕事で来て下さっているのに、
          気分転換呼ばわりしちゃってホントに申し訳ないんですけど・・・。

          もちろん、しっかりと確かな情報も得ましたよ。(さ)

          ジオラマ?

          0
            miklos_gaal
            これ、実際の写真です。

            フィンランドのMiklos Gaal氏によるものです。
            最近の写真業界、
            このフェイク?本物?と分からないような代物が、
            世間を騒がしているらしい。

            今、刊行中の藤森さんの作品集の「ザ・藤森照信」も、
            なにやら、この手の写真だったし・・・。
            日本人では、本城直季氏が有名らしい。
            誰が真似をしたわけではなく、同時多発的な技法らしいです。

            AmazonではMiklos Gaal氏の新刊写真集が既に在庫切れ。
            欲しい。

            我が家には、パラダイス山元氏の「マン盆栽」は2冊あるのですけど。
            なんか似てるんです・・・。(さ)
            ※注意 マン盆栽とは、フィギュア(人形)と盆栽鉢でつくる、擬似風景物語
            な盆栽のことである。


            UDON

            0

              見てきました。
              その名も[UDON]。

              ここ一ヶ月ばかし讃岐うどんにはまっている私達としては、
              外せない一品でして・・・。
              案の定、見終わった後にうどん屋さんへ直行でした。

              主人公(ユースケ サンタマリア)の実家が
              古ぅ〜いうどん屋さんなのですが、
              それが全てセットで、
              ちゃんと、香川で確認申請を提出して建てた家だったらしい。
              ちょっとビックリでした。(さ)


              ・・・で、完成。

              0

                やっと出来ましたー。
                ふぅ〜。
                これから片付け・・・。
                もひとつ、ふぅ〜。です。(は)





                只今製作中

                0
                  今回は奈良の物件です。

                  時間短縮のために、
                  ハジメ所員が模型を、
                  私がショットパース担当です。

                  窓の高さの確認や、高さ関係を検討し、
                  お互いに確認しあって作業を進めていきます。

                  古都の街中に佇む、しっとりと落ち着いた家になったらいいな。(さ)



                  日々増殖中

                  0

                    増え続けるサンプルの山。
                    特にフローリングは捨てるに捨てれずにいます。

                    同じ樹種でも、木目や正目などで全く違う表情を見せるし、
                    仕上の塗装やワックスで、これまた違う。
                    最近は、床暖房対応で燻製にしたものもあるし・・・。

                    樹種ごとに識別だ!と、気合を入れてはみたけれど、
                    やっぱり無理そうです。(さ)

                    大きいのと小さいのと

                    0
                      施主さんに、
                      「平屋でかっこいいよ−」
                      と、教えてもらった住宅を、
                      打ち合わせの帰りに見に行きました。
                      思わず唸る樋のおさめかた。

                       

                      かなりの樋好きとお見受けいたしました。(さ)


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM