いくつになっても

0
    なにやら大きな荷物が配達されて参りました。
    中身は・・・。
    コレ↓
    UFO
    UFOキャッチャーのミニチュア版。
    仕事の合間にやってます。
    キャッチ出来ると拍手音が流れます。
    ちょっと嬉しい。

    叔母からのお茶目なプレゼント♪

    ちなみに、
    「ボクのものっ!」
    って、寝そべっているのは我が愛犬。
    現代美術家の奈良美智さんの作品。(さ)


    歡迎光臨(いらっしゃいませ〜)

    0
      名刺いろいろ
      昨日今日となんだか来訪者多し。

      先週くらいから、
      今実施設計中の物件のために、
      いろんなサンプルや資料を鬼のように頼んでいるためか・・・。
      近くを回ってましたからと、
      各社の営業の方が目白押し(←ちょっと使い方違う?)

      シャター屋さん。
      ガス屋さん。
      フローリング屋さん。
      輸入建材屋さん。
      合間に友人。(←ケーキおいしかったぁ。thank you!)

      ここ数週間は、ほとんど事務所に缶詰なので、
      外の空気を運んで来て下さるようで良い気分転換になります。

      お仕事で来て下さっているのに、
      気分転換呼ばわりしちゃってホントに申し訳ないんですけど・・・。

      もちろん、しっかりと確かな情報も得ましたよ。(さ)

      ジオラマ?

      0
        miklos_gaal
        これ、実際の写真です。

        フィンランドのMiklos Gaal氏によるものです。
        最近の写真業界、
        このフェイク?本物?と分からないような代物が、
        世間を騒がしているらしい。

        今、刊行中の藤森さんの作品集の「ザ・藤森照信」も、
        なにやら、この手の写真だったし・・・。
        日本人では、本城直季氏が有名らしい。
        誰が真似をしたわけではなく、同時多発的な技法らしいです。

        AmazonではMiklos Gaal氏の新刊写真集が既に在庫切れ。
        欲しい。

        我が家には、パラダイス山元氏の「マン盆栽」は2冊あるのですけど。
        なんか似てるんです・・・。(さ)
        ※注意 マン盆栽とは、フィギュア(人形)と盆栽鉢でつくる、擬似風景物語
        な盆栽のことである。


        UDON

        0

          見てきました。
          その名も[UDON]。

          ここ一ヶ月ばかし讃岐うどんにはまっている私達としては、
          外せない一品でして・・・。
          案の定、見終わった後にうどん屋さんへ直行でした。

          主人公(ユースケ サンタマリア)の実家が
          古ぅ〜いうどん屋さんなのですが、
          それが全てセットで、
          ちゃんと、香川で確認申請を提出して建てた家だったらしい。
          ちょっとビックリでした。(さ)


          ・・・で、完成。

          0

            やっと出来ましたー。
            ふぅ〜。
            これから片付け・・・。
            もひとつ、ふぅ〜。です。(は)





            只今製作中

            0
              今回は奈良の物件です。

              時間短縮のために、
              ハジメ所員が模型を、
              私がショットパース担当です。

              窓の高さの確認や、高さ関係を検討し、
              お互いに確認しあって作業を進めていきます。

              古都の街中に佇む、しっとりと落ち着いた家になったらいいな。(さ)



              日々増殖中

              0

                増え続けるサンプルの山。
                特にフローリングは捨てるに捨てれずにいます。

                同じ樹種でも、木目や正目などで全く違う表情を見せるし、
                仕上の塗装やワックスで、これまた違う。
                最近は、床暖房対応で燻製にしたものもあるし・・・。

                樹種ごとに識別だ!と、気合を入れてはみたけれど、
                やっぱり無理そうです。(さ)

                大きいのと小さいのと

                0
                  施主さんに、
                  「平屋でかっこいいよ−」
                  と、教えてもらった住宅を、
                  打ち合わせの帰りに見に行きました。
                  思わず唸る樋のおさめかた。

                   

                  かなりの樋好きとお見受けいたしました。(さ)

                  関西の三奇人ふたたび

                  0

                    安藤忠雄×毛綱モン太(遺影)×渡辺豊和
                    同タイトルの講演会が、一心寺であるらしい。

                    何をかくそう渡辺氏は、私の大学時代の先生である。
                    先生と言っても、ほとんど学校で見かけない。
                    課題を出される時と、講評会のときくらいだろうか・・・。
                    かなり風変わりな先生だった。

                    課題も凄まじい。
                    いきなり教室に入ってこられて、
                    [砂上の楼閣を設計せよ]
                    と、B5用紙に一文かかれたものを
                    掲示板に画鋲ではっつけて、又直ぐに出ていかれる。
                    私たち一同、頭の中が「?」の文字でいっぱいになる。

                    研修旅行では、
                    18、19歳の右も左も分からない生徒の前で、
                    5,6人の先生をつかまえて、平気で詰る。
                    「お前ら(私達生徒に向かって)、今前に立っとる人間等を建築家と思うな。」
                    と。
                    他の先生にしたらたまったもんじゃない。

                    そんな渡辺氏を、私たちは
                    「わったん」
                    と、呼んでいた。
                    オバカな芸大生だから出来る技か・・・。

                    たった2年で卒業して、社会に出てしまう私たちに、
                    何を教えるべきなのか。
                    今思うと頭を擡げられたことだろう。

                    また、毛綱モン太(故)氏は、
                    昔勤めていた設計事務所長の、大学時代の先輩であったらしい。
                    よく課題を手伝わされたと話されていた。

                    そして、安藤忠雄氏。
                    世界のTADAO ANDO。


                    行かなくちゃ。(さ)

                    十九の春

                    0
                      夏になると、良く聴く沖縄民謡。
                      中でも、朝崎郁恵さんが歌う「十九の春」がお気に入りである。
                      年を召した歌声で、片思いの歌をせつなく歌うのである。

                      「私があなたに惚れたのは ちょうど十九の春でした♪
                      いまさら離縁と言うならば もとの十九にしておくれ♪」

                      けっこう泣かす歌である。


                      今日は、たまたま入った居酒屋で、
                      「島美人」という焼酎と共に沖縄民謡のライブを聞いてきた。
                      この歌を嗄れ声の男の人が歌っていた。

                      ちがうんだよなぁ。
                      この歌はおばぁに歌って欲しいんだよなぁ。
                      と、一人想う私でした。(さ)



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM