銘木市場へ 〜大人の遠足〜

0
    神園町の家新築工事。
    今日は、お茶室で使う床柱と床框を探しに、摂津にある銘木市場へ行ってきました。

    本日お世話になったのが、オガワ銘木の小川社長。
    今回工事をお願いしている越智工務店社長の昔からのお知り合いとのこと。
    御歳86才でいらっしゃる。
    でもでもお若い!

    こちらからは、施主夫妻とお父様、工務店さんからは社長と監督。そして我々の総勢7名。

    広大な敷地に、所狭しと銘木屋さんがひしめくエリア。
    ただ、数年前までは150を超えるお店が軒を連ねていたのが、現在は60店舗ほどになっているとのこと。
    銘木を使う物件が少なく、また、それを扱おうとすると若者が減ったとのこと。


    さてさて、いざ物色に!



    材は、大きな工場のような建物に整理されておりました。




    皆で、探す探す。




    「これを床柱にしたら、床框はこれ?」
    「いや、こっちの方が品がある」
    「これはちょっと、激しい?」

    などなど、意見を出し合い、少しずつ絞っていきます。




    そしてそして、お眼鏡に叶ったのがこれ
    ???

    床柱は赤松皮付
    床框は桧錆丸太

    うーん、なかなか渋くて品があってバッチリ!

    いい子に巡り会いました。

    (さ)

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM