屋根の検討

0
    現在、絶賛プラン中の「西の京の家新築工事」の敷地は、奈良市内に位置します。
    京都とよく似ていて、屋根形状が細かく規制されています。(あと、色やら、緑地率やらなんやかやも)
    で、いつもミサラボで採用している片流れの屋根(一方向にしか勾配を取っていない屋根)が不可なのであります。
    陸屋根(フラットな屋根)なんてものは、もってのほかなのであります。
    なので、自ずと切妻(屋根の頂上から地上に向かって二つの傾斜面で構成される屋根)、寄せ棟(4方向に傾斜している屋根)など、オーソドックスな屋根形状を採用せねばならず、慣れないものだから、ウンウンと2人して悩みながら決めていってるわけでして…。 しっかし、屋根って難しいわぁ〜 (さ)

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM